福岡県大牟田市にある社会保険 大牟田天領病院の採用サイトです。看護師・セラピスト・看護助手などの求人情報を掲載しています。当院で活躍するスタッフの声をたくさん紹介しています。

採用強化中!まずは見学・就職相談

People

失敗を糧に、急性期から終末期まで看られる看護師を目指す

大牟田天領病院 看護師 深川さん

深川 佳那|南4病棟(急性期一般)看護師

新卒で大牟田天領病院に入職し、委員会や新人・実習生の教育も担当する深川さん。彼女が出勤すると病棟の雰囲気がパッと明るくなるムードメーカー的存在です。そんな彼女は、患者さんに対しても同僚に対しても積極的にコミュニケーションを取ります。その裏には看護師を目指したきっかけ、看護師になってから経験した後悔など、さまざまな思いがありました。過去の経験を糧に、先輩や同僚から刺激を受けながら学び成長する彼女にお話を伺います。

▼INDEX
1.看護師を目指したきっかけ
2.大牟田天領病院を選んだ理由
3.ぶつかった壁
4.大切にしている看護観
5.私が心がけていること
6.学べる環境、今後の目標

― 「あの時もっと寄り添ってあげられたら」という母への思い

看護師になろうと思ったのは、小学生の時に一番近い存在だったお母さんが亡くなったのがきっかけです。ターミナル(終末期)だったのですが、「もっと寄り添ってあげられたら」という思いでいました。あの時は何も出来なかったけれど、この先同じように不自由な方がいたら助けてあげたいと思い、看護師という職業が頭の中にぼんやりと浮かんでいました。そして高校進学時に、親戚や家族の後押しもあって“看護科に行こう”と決めました。

― 実習生に対しても仕事中は厳しく指導してくれた

地元の有明高校の看護専攻科に進学し、大牟田天領病院にも実習で来ていました。職員さん同士の雰囲気も良かったのですが、学生指導をしっかりと、良い意味で”厳しく”していただいた印象が強いです。オンオフのメリハリがあって、実習中は学生に対しても厳しく指導していただきました。そして実習が終わって「今日も1日ありがとうございました」と帰りの挨拶の時になると、学生がリラックスできるようにわざとくだけた話をして雰囲気を和らげてくれていたのが、すごく印象的でした。人の命に関わる仕事だからこそ仕事中は厳しい関係性でも、仕事が終わってプライベートではすごく優しくしてくださっているのが伝わりました。プロ意識を垣間見ることができて、単純に「すごいなぁ」と憧れのような気持ちを持ったのを覚えています。ギャップ萌えですね(笑)。その先輩看護師さんは、今も大牟田天領病院の新人教育担当として勤めていらっしゃいます。

― 「もっと早く気づいてあげられたら」と悔しくて泣いた

当院では呼吸器内科の急性期病棟に4年半いて、今が循環器・腎臓内科・神経内科の急性期病棟で2年働いています。呼吸器内科の病棟では、点滴・挿管している重症な患者さんから、肺がん等のターミナルケア(終末期)の患者さんも入院されていました。呼吸器内科は特に冬場が入院される患者さんが増える傾向があり、忙しくなってくるとどうしても重症の患者さんに割く時間が増えていき、がん性疼痛で苦しんでおられるターミナルケアの患者さんとは1日1回会うかどうかという日もありました。
「もっと寄り添ってあげられたら」という思いで看護師になったのに、患者さんに寄り添ってゆっくりお話を聞くことができず、悔しくて泣いたこともありました。「もっと早く行っておけば、ご家族にももっと早く連絡できたんじゃないか」と思うことも経験しました。実際に急性期病棟で勤務して、理想とする看護の難しさを痛感しました。それでも、私は人と関わるのが好きなので、患者さんと関わことが楽しいし、“やっぱりいいな、この仕事”と感じています。患者さんと関わって、その人のためにどうしたら良いか悩んだりできるのは、“看護師の仕事の特権”と思いながら前向きに働いています

看護師の採用情報を見る

大牟田天領病院 看護師 深川さん

― 患者さんが自分の家族だったらどうしてほしいか?

私が一番大切にしている思いは、「もしも自分の患者さんが自分の家族だったらどうしてほしいか」ということです。学生でも当たり前にそこを考えると思うんですけど、実際に看護師として働いて、色々大変さも分かってきた中で結局そこが一番大事だなと思います。自分の家族が入院した時に改めてそれを思い、「自分が家族にされたくないことは、絶対にしちゃいけない」と考えるようになりました。そう考えるようになると、気付けることが増えてきてちょっとした小さなケアにつながる。「ご家族がお見舞いに来られた時に、清潔な状態で会えるように」と考えると、例えば男性の髭や爪が伸びているとキレイにしてさしあげたり。この体勢がずっと続くと辛いんじゃないか、もっとこういう姿勢にしてあげたらこの人にとっては楽なんじゃないか、と色々考えたりしながら動けるようになりました。その分、時間はかかってしまうけれど、「これをしなかったら、自分の家族だったら嫌だ」と日々の仕事の中で「家族目線」で考えるようにしています。

限られた時間の中で1人でやるには限界があります。なので、しっかりチームに引き継いでやっていくようにしています。患者さんにとっては大切な入院期間で、その日にできることは限られています。「今日はこれをしてみてほしい」と別のスタッフに声かけして、チームで理想の看護に近づけられるように努めています。

― 「プラスアルファ」のコミュニケーション

コミュニケーションを取る上で“プラスアルファの会話”をすることは心がけています。患者さんとの会話でも「そうですね~」で終わるところで、キャッチボールになるようにもう一言声をかけることで、患者さんから何か引き出せることがあります。
職員同士のコミュニケーションも同じように心がけています。1年目の時に出会った先輩看護師さんが、患者さんに対してもダメなことはダメと言える方で、ただ優しいだけじゃなくて、その人のためを思ってしっかりと助言をされる方でした。そして患者さんのために医師や上司ともしっかりとコミュニケーションを取られる方で、その姿を見て「自分もこうならなきゃ」と見習うようになりました。その先輩看護師さんのように、医師や上司も巻き込んで「こうしたらもっといいんじゃないか」と意見が活発に行き交う、病棟のみんなで一緒に考えられるような雰囲気を目指して、私は職員同士のコミュニケーションも積極的に取るようにしています。師長さんからは、私が出勤すると「あ、出勤してきたな!」とすぐ分かるそうです。騒がしいんですかね(笑)。

病院見学のご相談・求人に関するお問い合わせ

大牟田天領病院 看護師 深川さん

― 学べる環境、力を引き出してくれる先輩の存在が魅力

当院では、認定看護師や特定行為研修修了者といったすごく専門的な医療知識を身に付けておられる方々と関わる場面が多く、自分が知らない知識・スキルを教えてもらう機会に恵まれています。私が今いる病棟の主任さんも集中ケア認定看護師を取得されていて、色々聞いたらすぐに教えてもらえる環境です。一緒に勤務している時に「なんでこうなの?」といきなり質問をされることもあって、私としては“考える力”が身につく、そういう引き出す質問を敢えてしてくださることで、日常から学ぶ機会を作ってくれていて、すごく為になっています。

― 急性期から終末期まで看られる看護師になりたい

今後の目標は、急性期や回復期・慢性期、終末期の緩和ケアなど、幅広くさまざまな知識を身につけていきたいと考えています。急性期での経験もまだまだ積みたいですし、終末期の緩和ケア患者さんとゆっくり関わって10~15分とゆっくりお話する時間も好きなので、どちらも看られる看護師でありたい。それが今の私の目標です。
先日も病院外で救急の一次対応・急変時の対応が学べる講習会があって、救急の認定看護師でもある外来主任さんに「見に来ない?」と声をかけてもらい、同僚と一緒に参加をしました。トリアージといった今の病棟では経験しないことを、実際に消防士の方々も参加するリアルな場で学ぶことができ、すごく刺激を受けました。年齢が近い同僚たちと一緒に参加したのですが、講習会が終わった後に「参加してよかったね!」とみんなで学びを喜び合える仲間がいて、すごく恵まれた環境だなと感じることができました。同期や同僚と、一緒に成長していける環境も、当院の魅力の一つかなと思います。

病院見学のご相談・求人に関するお問い合わせ

~南4病棟師長からひとこと~

一番身近なお母さまの死をきっかけに看護の道に進んだこともあり、患者さんに寄り添う看護を目指して日々頑張っています。明るく活発で、医師、患者さんとのコミュニケーションも上手く、南4病棟のムードメーカー的存在です。急性期から慢性期まできちんとアセスメントするスキルを持ち、新人さんへも優しく接し指導してくれています。これからの南4病棟を背負っていってくれると期待しています。

(写真・インタビュー・文:MottoBrand 福井勝雄)

看護師募集中!

新人看護師も当院で一人前の看護師に成長し活躍中です。救急医療・急性期・回復期・訪問看護まで幅広く経験できる大牟田天領病院で一緒に働いてみませんか?

看護師の採用情報はこちら

まずは病院見学・就職相談はこちら

病院見学の最新情報を見る

一覧に戻る

Recruit~ 採用情報 ~

詳しく見る

大牟田天領病院は
あなたを待っています。

ENTRY

採用強化中!まずは見学・就職相談