福岡県大牟田市にある社会保険 大牟田天領病院の採用サイトです。看護師・セラピスト・看護助手などの求人情報を掲載しています。当院で活躍するスタッフの声をたくさん紹介しています。

積極採用中!まずは見学・就職相談

Mission

病院長インタビュー(後編)「患者中心の総合的チーム医療を実践する」

興梠病院長 インタビューの様子

病院長 興梠 博次

熊本大学 呼吸器内科教授、熊本大学附属病院 副病院長を経て、2017年4月に大牟田天領病院病院長に就任。5年目を迎え、経営も黒字を継続し、掲げる病院理念・行動指針が実践できる病院・職員になってきたと言います。病院長就任からこれまでを振り返り、得られた成果やそれを支える職員に向けた思いなどお話をうかがいます。

▼INDEX
1.病院のポジティブな変化
2.職員に経験させてあげたいこと
3.職員への感謝の気持ち
4.今後のビジョン

― 投書の多くがお褒めの言葉に

大牟田天領病院では、TQM(Total Quality Management)という「全員・全体(Total)で医療・サービスの質(Quality)を継続的に向上させる(Management)」という考え方に基づき、実際に医療現場で起こり得るさまざまな課題を見つけ、それを解決して院内で発表するTQM大会を毎年行っています。最初に病院長としてやって来たときは、正直言うと「私だったら、課題の抽出から解決まで1時間でできる」というレベルの発表がなされていました。当時は「ただ発表すればいい」という感覚があったと思います。ところが、ここ2年の発表内容は、私では解決できないのではないかと思わせるほどの素晴らしい内容になってきています。現場スタッフの多くが、病院にとって重要な課題抽出をしてそれを解決して実行する能力がついてきていると非常に高く評価できます。全ての部門のリーダー、ベテランから新人まで、自分の役割が果たせる人材としてみんな育ってきているということを感じています。

また、投書を読ませていただきますと、患者さんからのクレームはゼロに近くなっています。就任したときは投書を全部読んで、課題を一つずつ解決してきました。ハード面の不備なところを投書でご指摘いただいていますが、それらは今後直していきます。接遇面では、当時は非常に厳しい意見も多かったですが、今はほとんどお褒めの言葉に変わっています。昔に比べて、職員みんなが患者様・ご家族のために最大の努力をし、優しさを理解してもらえるような動きに変わった結果であると感じています。

― 素晴らしいものと接する経験をさせてあげたい

患者様・ご家族のために動ける病院になってきたので、これからは職員に対しても、前向きなことができる環境作りをしてあげたいと考えています。

私が今考えているのは、例えば東京の「最高の医療・看護を提供している」と言われる一流病院へ、看護師留学という形で、病院から支援し3ヶ月~半年間の実習をさせてあげるといった構想です。大牟田天領病院の近くの看護学の教育施設から毎年優秀な人材が当院にも来てくれることを望みますし、その人たちも大都会の一流病院に魅力を感じるはずですから、当院に入職していただいた後に留学経験を積ませてあげたいという思いです。私自身、アメリカ留学を経験していますが、“素晴らしいものと接する経験”は必須だと考えています。

我々の病院も、今は患者さん・ご家族からお褒めの言葉をいただける病院に変わってきていますが、一度外に出て、素晴らしいサービス・人材・組織に触れてもらって、その経験をまた当院に還元してくれたら有難いことですし、そういうことをスタッフに経験させてあげたい、それが今の私の将来の夢です

興梠病院長 インタビューの様子

― 今できる「職員への感謝」をカタチに

私が熊本大学病院に勤務している時に重症患者を紹介され、その患者さんを幸運にも治すことができました。その方は、スイカ・メロン生産者ですが、御礼にそのスイカ・メロンを頂きました。それがあまりにも美味しいため、その方から購入して親戚にお中元とかで贈りますと、次年からは「今年はまだか?」と言われるようになりました。それぐらい期待される最高の果物を作る方と出会ったんです。そして、これをスタッフのみんなにも贈ってあげられたら喜んでもらえるかなと思って、その方から購入したスイカやメロンをプレゼントしています。産地からの直接調達です(笑)

もうひとつは、クリスマスケーキやバレンタインのチョコレート。これらはできれば家族や子どもに持って帰ってほしいと思って、贈っています。お父さんやお母さんが、いつも夜遅くまで仕事を頑張ってくれている、その裏では家族や子どもたちの協力もあるし、なにより自分のお父さんお母さんがお土産を持って帰ると「頑張っているんだ」と家族にも伝わりやすいかなという思いです。私としてはちょっとしたものですが、感謝を伝えているつもりです。

― 全職員が自信と誇りを持てるように

医療は日々進歩しますので、病院の機能も医療スタッフの能力も進化する必要があります。病院の建物や器材も必要に応じて改め、診療能力やチーム力も高める必要があります。大牟田天領病院は、「患者中心の総合的チーム医療」を進化させるビジョンを持ち、そのために全職員が自信と誇りを持って自分の職務を果たすミッションにて頑張っていただきます。
医療の原点は、医療を介して患者様と社会に貢献することです。私達は、優れた医療を提供するとともに、こころ配り、気配りのきいた診療を継続していくことを目指します。患者様に最高の医療を提供することで、自分のキャリアの形成が得られますので、そのキャリアを家族や社会のために役立てていけるスタッフであってほしいと願っています。

病院長インタビュー(前編)に戻る

(写真・インタビュー・文:MottoBrand 福井勝雄)


スタッフ募集中!

当院には患者様・ご家族のために最善を尽くす優秀なスタッフがたくさん在籍しています。
「患者中心の総合的チーム医療」という目標を掲げ実践する大牟田天領病院で、一緒に働いてみませんか?

大牟田天領病院の採用情報はこちら

一覧に戻る

Recruit~ 採用情報 ~

詳しく見る

大牟田天領病院は
あなたを待っています。

ENTRY

積極採用中!まずは見学・就職相談